クレジットカードの端末機とは?

クレジットカードの発行枚数は3億枚を突破し、もはや持っているのが当たり前という状況になっています。財布に入っているお金以上の買い物を、後払いで購入できるので、お店としても商売のチャンスを増やすための大切なツールなんですよね。

現金払いよりも支払いの単価が増えますし、支払う側としてもマイル、ポイントが溜まるのでカード決済を希望する人は年々増加傾向にあるのです。

そんなクレジットカードを実店舗で利用可能にするのが、カード端末機です。CAT端末とも呼ばれる機械ですが、この機器を設置することによって、カード会社とスムーズに通信を行い、カード決済が可能になります。

このカード端末機を設置する費用についてですが、カード端末機自体は大抵の場合無料で提供してもらえる場合が多いです。カード会社や決済代行会社との契約にもよるのですが、年間契約など一定の条件を満たす場合に無料で提供されます。

携帯電話と同じように、カード端末機の設置に関しても競争が激しくなっていますので、新規開店割引などお得なプランが用意されていることも多いです。

もし買取という事になった場合は、10万円弱程度の費用がかかりますので、初期費用を抑えたいのならカード端末機を無料で提供してくれる決済代行会社を選ぶのが良いですね。

    この記事を見た人はこちらも見ています

  • 奈良クリーン.comなら奈良での不用品回収に力を入れています。地元志向のお客様に向け、低価格で不用品の回収を行ってくれます。また、秘密も厳守してくれるので、不用品の処分だけでなく、遺品整理や業務用オフィスなどの回収もおまかせできます。

  • 数多くの導入実績を持っていて安心して任せることができる給与計算関連のアウトソーシングサービスを行っている会社を探しているなら、bulasの導入を検討してみてください。社員数の多い大きな会社さんを数多く顧客に持っており、長年業務効率の簡略化や代行をしてきている信頼と実績のある企業のサービスなので比較的安心して導入できるサービスだと思います。社員が多ければ多いほど給与計算などの業務の負担は大きくなってくるのでアウトソージングで軽減を図ることは効率的だと思いますし、急な経理担当者の退職などのリスクにもしっかり備えることができます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) カード端末機の設置、導入までの流れについて All Rights Reserved.