クレジットカードの端末機とは?

カード端末機は別名CAT端末とも呼ばれています。クレジットオーソリゼーションターミナルの略で、カードの有効性を確認するため、カードの情報をオーソリゼーションする会社などに照会し、そのまま決済まで出来るという端末です。

1人が1枚以上のクレジットカードを持つ時代になった今、カード端末機の設置は店舗を運営するに当たってなくてはならない存在になっています。

そんなカード端末機ですが、設置するためにはどのような環境が必要なのでしょうか?まずはカード会社との加盟店契約が必要になりますが、設置する場所の環境で必要なものを紹介していきます。

カード端末機の機種にもよりますが、設置する場所にはアナログ回線、ISDN回線、光回線、LAN回線のいずれかが必要になります。以前は光回線は大事な情報を決済する通信方法としては不安定であまり使われてこなかったのですが、現在は環境が随分と改善し、最新の機種では対応しているものが増えてきています。

端末によって対応している回線の種類が違いますので、導入の際にはよく確認をしておいてくださいね。メーカーが推奨する環境ではない場合でも利用できることはあるのですが、その場合はサポート対象外になることは間違いないので、自己責任でおこないましょう。

    人気サイトのリンク集

  • EC用アパレルなどの商品撮影に特化したスタジオ設備を持つEC FACTORYでは、画像加工からコンテンツ企画制作まですべてを請け負う会社です。商品の魅力を引き出すスタイリストやコーディネーターがサポートしてくれるので、ECサイトを構築中で販売に結びついていない業者さんにおすすめです。

  • 給与計算から年末調整まで面倒な給与関連を丸ごとアウトソーシングできるような便利なサービスを探している方にbulasはおすすめのサービスです。給与面の業務を外に出すことで、人事部門であれば採用や研修に力を入れることができますし急に経理担当者が辞めてしまった場合のリスクにも備えることができます。アウトソージングしないまでも、給与管理システムだけを導入してもらうこともできるので今の管理画面が使いづらい、という場合でも導入はおすすめです。問い合わせに対する回答もとても早いことので急なトラブルにもしっかり対処してもらえるため安心です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) カード端末機の設置、導入までの流れについて All Rights Reserved.