クレジットカードの端末機とは?

カード端末機は別名CAT端末とも呼ばれています。クレジットオーソリゼーションターミナルの略で、カードの有効性を確認するため、カードの情報をオーソリゼーションする会社などに照会し、そのまま決済まで出来るという端末です。

1人が1枚以上のクレジットカードを持つ時代になった今、カード端末機の設置は店舗を運営するに当たってなくてはならない存在になっています。

そんなカード端末機ですが、設置するためにはどのような環境が必要なのでしょうか?まずはカード会社との加盟店契約が必要になりますが、設置する場所の環境で必要なものを紹介していきます。

カード端末機の機種にもよりますが、設置する場所にはアナログ回線、ISDN回線、光回線、LAN回線のいずれかが必要になります。以前は光回線は大事な情報を決済する通信方法としては不安定であまり使われてこなかったのですが、現在は環境が随分と改善し、最新の機種では対応しているものが増えてきています。

端末によって対応している回線の種類が違いますので、導入の際にはよく確認をしておいてくださいね。メーカーが推奨する環境ではない場合でも利用できることはあるのですが、その場合はサポート対象外になることは間違いないので、自己責任でおこないましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) カード端末機の設置、導入までの流れについて All Rights Reserved.