クレジットカードの端末機とは?

クレジットカードの決済代行という言葉を耳にする機会が多くなりましたが、この決済代行をする会社とはどういったものなのでしょうか?

決済代行会社は、加盟店とカード会社との仲介サービスを行なう会社で、私たちがクレジットカードを利用するときに、利便性を向上する役目を担っています。

通常、店舗でクレジットカードの決済を行なう場合、それぞれのカード会社との加盟店登録が必要になります。この加盟店審査が本当に面倒で、それぞれに厳しい審査があり、審査に通らなければそのカード会社のクレジットカードが店舗で利用できないわけです。カード端末機を設置したとしても、そのカード会社の情報は登録できないわけですね。

お客としては、そんな事情はまったく関係ありませんから、自分が持っているカードが使えない=このお店は不便だという認識になり、著しい機会損失と不便なイメージが付いてしまうというデメリットがあります。

そんなときに役に立つのが決済代行会社です。決済代行会社と契約をしてカード端末機を設置する場合、複数のカード会社に加盟店審査の手続きを同時に行なってくれます。

手続きが楽になるだけでなく、独自に設けられている審査基準がありますので過去に審査に落ちてしまったお店でも、クレジットカードの決済が可能になることもあります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) カード端末機の設置、導入までの流れについて All Rights Reserved.